のねのBlog

パソコンやソフト開発で起きた問題など書きます。よろしくお願いします。

windows anaconda python2.7

>conda info --envs
# conda environments:
#
root                  *  C:\Users\u01\Anaconda3
>conda create -n py27con python=2.7 anaconda
Fetching package metadata ...........
Solving package specifications: .

Package plan for installation in environment 
  C:\Users\user01\Anaconda3\envs\py27con:
(略)
>activate py27con

rootへ戻る

deactivate


環境の削除

>conda info --envs
# conda environments:
#
py27con                  C:\Users\user01\Anaconda3\envs\py27con
root                  *  C:\Users\user01\Anaconda3


>conda remove -n py27con --all

Package plan for package removal in environment C:\Users\m_fujii\Anaconda3\envs\py27con:

The following packages will be REMOVED:

Visual Studio用 2.7
f:id:none53:20170312083923p:plain


kaisk.hatenadiary.com

コマンドプロンプトの透過操作

コマンドプロンプトの透過をマウスやキーで操作できるみたいだ。

Windows Serverのテクニカル・プレビューより引用
What's New in the Windows Console in Windows Server 2016 Technical Preview

透明度を高めます
 Ctrlキー+Shiftキー + プラスキー(+)
 または
 Ctrlキー+Shiftキー+マウスのスクロールアップ

透明性を低下させます
 Ctrlキー + Shiftキー +マイナスキー( - )
 または
 Ctrlキー + Shiftキー +マウスのスクロールダウン

フルスクリーンモードを切り替えます
ALT + ENTER
選択

選択範囲を拡張する、1文字左にカーソルを移動
SHIFT +左矢印

選択範囲を拡張する、1文字右にカーソルを移動
SHIFT +右矢印

挿入ポイントから、一行上のテキスト行を選択
SHIFT + 上矢印

挿入ポイントから、一行下のテキスト行を選択
SHIFT +下矢印
カーソルが現在編集中の行にある場合は、
入力行の最後の文字まで選択範囲を拡張するために、
一度、このコマンドを使用します。
右マージンに選択範囲を拡張するためにそれを再度使用してください。
SHIFT + END

カーソルがある場合ではない、現在編集中の行で、
挿入ポイントから右マージンにすべてのテキストを選択するには、このコマンドを使用します。
SHIFT + END

行にカーソルが現在編集中の場合は、
すぐにコマンドプロンプトの後に文字に選択範囲を拡張するために、
一度、このコマンドを使用します。
右マージンに選択範囲を拡張するためにそれを再度使用してください。
SHIFT + HOME

カーソルがある場合ではない、現在編集中の行では、
左マージンに選択範囲を拡張するには、このコマンドを使用します。
SHIFT + HOME

1画面下に選択範囲を拡張
SHIFT + PAGE DOWN

1画面まで選択範囲を拡張
SHIFT + PAGE UP

右に選択範囲を1単語を拡張します。
Ctrl + Shiftキー+右矢印

左側に選択範囲を1単語を拡張
Ctrl + Shiftキー+ HOME

画面バッファの先頭まで選択範囲を拡張
Ctrl + Shiftキー+ END

カーソルが現在の行で、行が空でない場合は、プロンプトの後にすべてのテキストを選択します
CTRL + A
カーソルがある場合に、バッファ全体を選択していない現在の行に
CTRL + A
テキストの編集
このキーの組み合わせを使用します。
コマンドラインにテキストを貼り付けます
CTRL + V

クリップボードに選択したテキストをコピーします。
CTRL + INS

クリップボードに選択されたテキストをコピーします。BREAKを送信
CTRL + C

コマンドラインにテキストを貼り付けます
SHIFT + INS
マークモード
このキーの組み合わせを使用します。
ウィンドウ内にカーソルを移動するためにマーク・モードを開始します
CTRL + M

他のキーの組み合わせと一緒に、マークモードで行の折り返しの選択を開始
ALT

指定された方向にカーソルを移動
矢印キー

指定した方向に1ページずつカーソルを移動
PAGEキー

バッファの先頭にカーソルを移動
CTRL +ホーム

バッファの最後にカーソルを移動
CTRL + END
歴史をナビゲート

出力の歴史の中で1行上に移動
CTRL +上矢印

出力の歴史の中で1行下に移動
CTRL +下矢印

(コマンドラインが空の場合)
バッファの先頭にビューポートを移動したり、
カーソルの左側にあるすべての文字を削除する
CTRL +ホーム

(コマンドラインが空でない場合)
ラインコマンド、またはカーソルの右側のすべての文字を削除するには、
ビューポートを移動します
CTRL + END
追加のキーボードコマンド
開く検索ダイアログ
CTRL + F
閉じるコンソールウィンドウ
ALT + F4

octave bsxfun

> help bsxfun
'bsxfun' is a built-in function from the file libinterp/corefcn/bsxfun.cc

 -- bsxfun (F, A, B)
     The binary singleton expansion function performs broadcasting, that
     is, it applies a binary function F element-by-element to two array
     arguments A and B, and expands as necessary singleton dimensions in
     either input argument.

     F is a function handle, inline function, or string containing the
     name of the function to evaluate.  The function F must be capable
     of accepting two column-vector arguments of equal length, or one
     column vector argument and a scalar.

     The dimensions of A and B must be equal or singleton.  The
     singleton dimensions of the arrays will be expanded to the same
     dimensionality as the other array.

     See also: arrayfun, cellfun.

Additional help for built-in functions and operators is
available in the online version of the manual.  Use the command
'doc <topic>' to search the manual index.

Help and information about Octave is also available on the WWW
at http://www.octave.org and via the help@octave.org
mailing list.

broadcastとsingletonってなんだろ?
singleton dimensions:大きさが1の次元という意味らしい。

: bsxfun (f, A, B)
The binary singleton expansion function performs broadcasting,
 that is, it applies a binary function f 
element-by-element to two array arguments A and B, 
and expands as necessary singleton dimensions in either input argument.

f is a function handle, inline function,
 or string containing the name of the function to evaluate.
 The function f must be capable of accepting 
two column-vector arguments of equal length,
 or one column vector argument and a scalar.

The dimensions of A and B must be equal or singleton. 
The singleton dimensions of the arrays 
will be expanded to the same dimensionality as the other array.

See also: arrayfun, cellfun.

www.gnu.org

stackoverflow.com

jp.mathworks.com

static constの配置場所

stackoverflow.com

d.hatena.ne.jp

セクションとか.textとか

定数が何故スタック領域に配置されるのか - 109: 開発ツール - Forum - かふぇルネ - Renesas Rulz - Japan
より、引用

Renesasの場合
① const static char[] = "A" : C-1セクション
② static const char[] = "B" : C-1セクション
③ const         char[] = "C" : スタックエリア
④               char[] = "D" : スタックエリア
⑤        static char[] = "E" : R-1、D-1セクション(初期値付き変数)