のねのBlog

パソコンの問題や、ソフトウェアの開発で起きた問題など書いていきます。よろしくお願いします^^。

doxygen USE_PDFLATEX

doxygen>make

USE_PDFLATEXを有効にしたとき、以下のエラーになった。

! Package inputenc Error: Unicode char 繝ゥ (U+30E9)
(inputenc)                not set up for use with LaTeX.

See the inputenc package documentation for explanation.
Type  H <return>  for immediate help.
 ...

l.38 繝ゥ
        繝・ヱ繝シ逕ィ讒矩菴
?

qiita.com

USE_PDFLATEXなしのときの、make.bat

set Dir_Old=%cd%
cd /D %~dp0

del /s /f *.ps *.dvi *.aux *.toc *.idx *.ind *.ilg *.log *.out *.brf *.blg *.bbl refman.pdf

platex -kanji=utf8 refman.tex
echo ----
makeindex refman.idx
setlocal enabledelayedexpansion
set count=8
:repeat
set content=X
for /F "tokens=*" %%T in ( 'findstr /C:"Rerun LaTeX" refman.log' ) do set content="%%~T"
if !content! == X for /F "tokens=*" %%T in ( 'findstr /C:"Rerun to get cross-references right" refman.log' ) do set content="%%~T"
if !content! == X goto :skip
set /a count-=1
if !count! EQU 0 goto :skip

echo ----
platex -kanji=utf8 refman.tex
goto :repeat
:skip
endlocal
makeindex refman.idx
platex -kanji=utf8 refman.tex
dvips -o refman.ps refman.dvi
gswin32c -q -dNOPAUSE -dBATCH -sDEVICE=pdfwrite -sOutputFile=refman.pdf -c save pop -f refman.ps
set Dir_Old=%cd%
cd /D %~dp0

del /s /f *.ps *.dvi *.aux *.toc *.idx *.ind *.ilg *.log *.out *.brf *.blg *.bbl refman.pdf

pdflatex refman
echo ----
makeindex refman.idx
echo ----
pdflatex refman

setlocal enabledelayedexpansion
set count=8
:repeat
set content=X
for /F "tokens=*" %%T in ( 'findstr /C:"Rerun LaTeX" refman.log' ) do set content="%%~T"
if !content! == X for /F "tokens=*" %%T in ( 'findstr /C:"Rerun to get cross-references right" refman.log' ) do set content="%%~T"
if !content! == X goto :skip
set /a count-=1
if !count! EQU 0 goto :skip

echo ----
pdflatex refman
goto :repeat
:skip
endlocal
makeindex refman.idx
pdflatex refman
cd /D %Dir_Old%
set Dir_Old=

USE_PDFLATEXのチェックがあると、platexが動かないでpdflatexが動く
ので、USE_PDFLATEXのチェックは外したほうがいいのか。

doxygenの出力を、pdfにする方法

Doxygenの出力をPDFにするには、latexからpdfにする方法があるようだ。

参照元:Windows上Doxygenで日本語PDFドキュメント生成 – Imai blog

w32texをダウンロードするために、以下のページのツールを使うといいみたいだ。
簡単ツールは、一度で、うまく取得できないときがあるようなので、何回か実行すると成功になった。
簡単LaTeXインストールWindows編(2016年4月版)
TeXインストーラ 3


doxygenがlatexフォルダへ生成した、make.bat

set Dir_Old=%cd%
cd /D %~dp0

del /s /f *.ps *.dvi *.aux *.toc *.idx *.ind *.ilg *.log *.out *.brf *.blg *.bbl refman.pdf

pdflatex refman
echo ----
makeindex refman.idx
echo ----
pdflatex refman

setlocal enabledelayedexpansion
set count=8
:repeat
set content=X
for /F "tokens=*" %%T in ( 'findstr /C:"Rerun LaTeX" refman.log' ) do set content="%%~T"
if !content! == X for /F "tokens=*" %%T in ( 'findstr /C:"Rerun to get cross-references right" refman.log' ) do set content="%%~T"
if !content! == X goto :skip
set /a count-=1
if !count! EQU 0 goto :skip

echo ----
pdflatex refman
goto :repeat
:skip
endlocal
makeindex refman.idx
pdflatex refman
cd /D %Dir_Old%
set Dir_Old=

w32texをインストールしたら、make.batが動くようになった。
途中で以下のエラーがでた。スタイルファイルがないみたいだ。

! LaTeX Error: File `wasysym.sty' not found.

Type X to quit or <RETURN> to proceed,
or enter new name. (Default extension: sty)

Enter file name:

CTANの検索で、拡張子なしで検索し、ダウンロードした。
CTAN: Comprehensive TeX Archive Network
パッケージについて

このファイルをどこへ、置けばいいんだろう?

E:\w32tex>kpsewhich fourier.sty
e:/w32tex/share/texmf-dist/tex/latex/fourier/fourier.sty
このファイルをダウンロードし、解凍してできるものをtexmf-distまたはtexmf-local以下に移します(下のfourier.styのディレクトリ構造参照)


d.hatena.ne.jp


latex wasysym.ins でwasysym.styを作ればいいいみたいだ。

E:\w32tex\tmp\wasysym>dir
 ドライブ E のボリューム ラベルは HDD です
 ボリューム シリアル番号は BEEA-14E8 です

 E:\w32tex\tmp\wasysym のディレクトリ

2017/06/08  19:52    <DIR>          .
2017/06/08  19:52    <DIR>          ..
2003/10/30  04:04            26,069 wasysym.dtx
2003/10/29  17:03             2,377 wasysym.ins
2003/11/09  13:24           100,500 wasysym.pdf
2003/11/15  11:01             1,361 wasysym.upl
2003/11/15  11:02               924 wasysym.xml
               5 個のファイル             131,231 バイト
               2 個のディレクトリ  1,826,392,424,448 バイトの空き領域

E:\w32tex\tmp\wasysym>latex wasysym.ins
This is pdfTeX, Version 3.14159265-2.6-1.40.18 (TeX Live 2017/W32TeX) (preloaded format=latex)
 restricted \write18 enabled.
entering extended mode
(./wasysym.ins
LaTeX2e <2017-04-15>
Babel <3.10> and hyphenation patterns for 84 language(s) loaded.
(e:/w32tex/share/texmf-dist/tex/latex/base/docstrip.tex
Utility: `docstrip' 2.5e <2014/09/29>
English documentation    <2017/03/13>

**********************************************************
* This program converts documented macro-files into fast *
* loadable files by stripping off (nearly) all comments! *
**********************************************************

********************************************************
* No Configuration file found, using default settings. *
********************************************************

(./wasysym.ins
*** Generating .sty files ***

Generating file(s) ./wasysym.sty

Processing file wasysym.dtx (package) -> wasysym.sty
File wasysym.dtx ended by \endinput.
Lines  processed: 745
Comments removed: 477
Comments  passed: 15
Codelines passed: 239

*** Generating .fd files ***

Generating file(s) ./uwasy.fd

Processing file wasysym.dtx (fd) -> uwasy.fd
File wasysym.dtx ended by \endinput.
Lines  processed: 745
Comments removed: 477
Comments  passed: 15
Codelines passed: 239


Generating file(s) ./uwasyvar.fd

Processing file wasysym.dtx (fdvar) -> uwasyvar.fd
File wasysym.dtx ended by \endinput.
Lines  processed: 745
Comments removed: 477
Comments  passed: 15
Codelines passed: 239

***********************************************************
*
* To finish the installation you have to move the following
* files into a directory searched by TeX:
*
*   wasysym.sty
*   uwasy.fd
*   uwasyvar.fd
*
* If you want to use the wasy symbols at arbitrary sizes
* and have access to the scalable Type 1 fonts,
* substitute the font definition file uwasyvar.fd for
* uwasy.fd, i.e. rename uwasyvar.fd to uwasy.fd.
* Doing so is, however, not recommended, if you have
* got bitmap fonts only.
*
* To produce the documentation run the files ending with
* `.dtx' through LaTeX.
*
* Happy TeXing
***********************************************************
)
Overall statistics:
Files  processed: 3
Lines  processed: 2235
Comments removed: 1431
Comments  passed: 45
Codelines passed: 717
 ) )
No pages of output.
Transcript written on wasysym.log.

ここへ、おいたら、wasysym.styのエラーは消えた。

mkdir E:\w32tex\share\texmf-dist\tex\latex\wasysym
copy .\wasysym.sty E:\w32tex\share\texmf-dist\tex\latex\wasysym\

簡単ツールで、もう一度、ghostscript,gsview,dvioutの環境を再インストールしたら、PDFが作成されるようになった。

インデックス (0 ベース) は 0 以上で、引数リストのサイズよりも小さくなければなりません。

VisualStudio2017で、ビルド>ソリューションの完全なプログラムデータベースファイルを構築するを実行したら、
以下のエラーになった。

f:id:none53:20170608103929p:plain

重大度レベル	コード	説明	プロジェクト	ファイル	行	抑制状態
エラー	MSB4018	"VCMessage" タスクが予期せずに失敗しました。
System.FormatException:
 インデックス (0 ベース) は 0 以上で、引数リストのサイズよりも小さくなければなりません。
   場所 System.Text.StringBuilder.AppendFormatHelper(IFormatProvider provider, String format, ParamsArray args)
   場所 System.String.FormatHelper(IFormatProvider provider, String format, ParamsArray args)
   場所 System.String.Format(IFormatProvider provider, String format, Object[] args)
   場所 Microsoft.Build.Shared.ResourceUtilities.FormatString(String unformatted, Object[] args)
   場所 Microsoft.Build.Utilities.TaskLoggingHelper.FormatString(String unformatted, Object[] args)
   場所 Microsoft.Build.Utilities.TaskLoggingHelper.FormatResourceString(String resourceName, Object[] args)
   場所 Microsoft.Build.Utilities.TaskLoggingHelper.LogMessageFromResources(MessageImportance importance, String messageResourceName, Object[] messageArgs)
   場所 Microsoft.Build.CPPTasks.VCMessage.Execute()
   場所 Microsoft.Build.BackEnd.TaskExecutionHost.Microsoft.Build.BackEnd.ITaskExecutionHost.Execute()
   場所 Microsoft.Build.BackEnd.TaskBuilder.<ExecuteInstantiatedTask>d__26.MoveNext()	lib
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Enterprise\Common7\IDE\VC\VCTargets\Microsoft.CppCommon.targets	1044	

リターン コード: -2146233033 リターン コードの詳細: ファイルのデータが壊れています。

リターンコード 80131537

この製品では、1 つ以上のパッケージ エラーにより、一覧表示されているワークロードとコンポーネントをインストールできませんでした。

不完全なワークロード
    .NET デスクトップ開発 (Microsoft.VisualStudio.Workload.ManagedDesktop,version=15.0.26412.1)
    C++ によるデスクトップ開発 (Microsoft.VisualStudio.Workload.NativeDesktop,version=15.0.26403.0)
    Visual Studio 拡張機能の開発 (Microsoft.VisualStudio.Workload.VisualStudioExtension,version=15.0.26208.0)

不完全なコンポーネント
    .NET デスクトップ開発ツール (Microsoft.VisualStudio.Component.ManagedDesktop.Prerequisites,version=15.0.26323.1)
    .NET ポータブル ライブラリ対象パック (Microsoft.VisualStudio.Component.PortableLibrary,version=15.0.26208.0)
    CMake の Visual C++ ツール (Microsoft.VisualStudio.Component.VC.CMake.Project,version=15.0.26208.0)
    Managed Desktop Workload コア (Microsoft.VisualStudio.Component.ManagedDesktop.Core,version=15.0.26419.1)
    Visual Studio SDK (Microsoft.VisualStudio.Component.VSSDK,version=15.0.26208.0)
    Visual Studio 拡張機能の開発の前提条件 (Microsoft.VisualStudio.ComponentGroup.VisualStudioExtension.Prerequisites,version=15.0.26208.0)
    データソースとサービス参照 (Microsoft.VisualStudio.Component.VisualStudioData,version=15.0.26208.0)

以下の情報を使用してソリューションを検索し、上記のワークロードとコンポーネントの選択内容を変更してインストールを再試行するか、またはコンピューターから製品を削除することができます。

上記の不完全なワークロードとコンポーネントの原因となった個々のパッケージ エラーのコレクションを次に示します。これらの特定の問題に関する既存のレポートを検索するには、各パッケージ エラーから URL をコピーして Web プラウザーに貼り付けます。問題が既に報告されている場合は、ソリューションまたは回避策をその URL で見つけることができます。問題が報告されていない場合は、他のユーザーがソリューションまたは回避策を見つけることのできるように新しい問題を作成することができます。

パッケージ 'Microsoft.VisualStudio.WebToolsExtensions.Chip,version=15.0.30503.0,chip=x64' のインストールに失敗しました。
    検索 URL: https://aka.ms/VSSetupErrorReports?q=PackageId=Microsoft.VisualStudio.WebToolsExtensions.Chip;PackageAction=Install;ReturnCode=-2146233033
    影響を受けたワークロード
        C++ によるデスクトップ開発 (Microsoft.VisualStudio.Workload.NativeDesktop,version=15.0.26403.0)
    影響を受けたコンポーネント
        CMake の Visual C++ ツール (Microsoft.VisualStudio.Component.VC.CMake.Project,version=15.0.26208.0)
    詳細
        リターン コード: -2146233033
        リターン コードの詳細: ファイルのデータが壊れています。

パッケージ 'Microsoft.VisualStudio.ProTools.Resources,version=15.0.26430.1,language=ja-JP' のインストールに失敗しました。
    検索 URL: https://aka.ms/VSSetupErrorReports?q=PackageId=Microsoft.VisualStudio.ProTools.Resources;PackageAction=Install;ReturnCode=-2146233033
    影響を受けたワークロード
        .NET デスクトップ開発 (Microsoft.VisualStudio.Workload.ManagedDesktop,version=15.0.26412.1)
        C++ によるデスクトップ開発 (Microsoft.VisualStudio.Workload.NativeDesktop,version=15.0.26403.0)
        Visual Studio 拡張機能の開発 (Microsoft.VisualStudio.Workload.VisualStudioExtension,version=15.0.26208.0)
    影響を受けたコンポーネント
        .NET デスクトップ開発ツール (Microsoft.VisualStudio.Component.ManagedDesktop.Prerequisites,version=15.0.26323.1)
        .NET ポータブル ライブラリ対象パック (Microsoft.VisualStudio.Component.PortableLibrary,version=15.0.26208.0)
        CMake の Visual C++ ツール (Microsoft.VisualStudio.Component.VC.CMake.Project,version=15.0.26208.0)
        Managed Desktop Workload コア (Microsoft.VisualStudio.Component.ManagedDesktop.Core,version=15.0.26419.1)
        Visual Studio SDK (Microsoft.VisualStudio.Component.VSSDK,version=15.0.26208.0)
        Visual Studio 拡張機能の開発の前提条件 (Microsoft.VisualStudio.ComponentGroup.VisualStudioExtension.Prerequisites,version=15.0.26208.0)
        データソースとサービス参照 (Microsoft.VisualStudio.Component.VisualStudioData,version=15.0.26208.0)
    詳細
        リターン コード: -2146233033
        リターン コードの詳細: ファイルのデータが壊れています。

github.com

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4015967/troubleshooting-visual-studio-2017-installation-and-upgrade-failures


C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Installer\resources\app\layout\InstallCleanup.exe です。